いらない人間なんていない

著者:宮嶋望
出版社:いのちのことば社 フォレストブック
B6伴 160ページ
1冊:¥1,320(本体1,200円+税)

いらない人間なんていない

販売価格
1,320円(税込み)
自閉症、ひきこもり、障害者…、「何もできない」と言われた人たちが作ったチーズが、コンテストで賞を取った。
その力の源は「他より弱く見える部分が、かえって必要」という聖書の言葉。
効率的な社会からはじきだされた人々を受け入れ、農作業や牧畜をしながら、共同生活をする共働学舎・新得農場。その根幹には聖書のみことばがあり、どんな人にも存在する意味があるとの信念で活動する。
その精神や、ダメだと言われた人々が変わっていく姿は、閉塞感に満ちた日本に、重要なメッセージを投げかけている。